FC2ブログ

食いしん坊!ワンざい

◇犬のブログ◇

ちょっと前の話ですが、
ある朝、犬散歩でよく会う近所のAさんと半年ぶりに会いました。

久しく会わなかったので予想はしていましたが、愛犬が亡くなったとのことでした。

長い付き合いだったのでお別れの事実を知るのは辛いものです。

いつも愛犬の闘病生活をカラっと話してくれていたAさんはとりあえず元気そうで、本人も「思ったより大丈夫」とおっしゃってました。

やりきったんでしょうね。

辛いけど一番素敵な送り方だと思います。

Aさんとしばし立ち話をして別れました。


その数分後、、、


なんと今度はまたしても半年近く会わなかったBさんに会いました。

久しぶりに会った
ということは、、、

そうなんです、
Bさんも犬を亡くされてたんです。

ただBさんは、犬の具合が悪くなってから会うたびに憔悴していき、闘病生活も涙を流しながら話していたのでずっと気になってました。
散歩で立ち話する程度の間柄なのに「犬の具合どうですか」なんて訪問するのもド間抜け過ぎるし、正直、最近はずっとBさん家を散歩ルートに入れてたのでやっと会えた〜って感じでした。

近況を聞くと、やはりこの数ヶ月は完全に塞ぎ込んでいたそうです。
でも、最近やっと出歩けるようになり、たくさんの後悔はあるけどやりきったという気持ちもある。と、時に笑顔で話してくれました。

近所には何年もペットロスを引きずってる人もいて、Bさんもそうなるのではないかと心配していたのですが、可愛いあの子に会えないのはずっと辛いだろうけれど、心は前に進んでいらしたので本当に良かったです。

会えない辛さに押しつぶされ しばしの月日を思い焦がれて過ごした後は、彼らがいたことで自分がめちゃめちゃ幸せ者だったという感謝とリスペクトで前進していきたいです。別れ方にも大きく係ってしまうし実際はなかなか難しいでしょうけどね。。。


Aさんは、お葬式の写真を見せてくれました。
とても立派な式でした。
写真ではあるけれど、こうやって式に参加できてちょっと嬉しかったです。
見せてくれてありがとう。

でもわたしはハビーのときもそうだったようにまゆの式の写真は撮らないつもり。
夫はハビーの式をめちゃめちゃ豪華にしてくれたけど写真に残してないです。
だから今ではホストクラブ並みにきらびやかでゴージャスな祭壇に脳内変換されちゃってて、ある意味お得 笑


笑い話はさておき、
以前は遺体から収骨までバシャバシャ撮っていたのですが、アルバムを見返すたびに最後のページが死に顔やら骨なのは冒涜みたいで申し訳なくなるし、自分も死に顔なんて撮られたくない(笑)と思ったので、今後動物を飼ったら生きてる時の形だけ残すつもりです。


なんだかんだ言って、

人の心をこんなにも大きく動かせる「動物」の存在って、美しくて偉大だなぁって思います。

人間の生活に合わせねばならないような環境に住まわせておいて一方的過ぎるかもしれないけれど、「過ごした時間に悔いはない」って思えるような関係をつくりたいな。
飼い主の思う「動物の幸せ」というものは本能で生きる動物達には持ち合わせていない概念なので、飼い主に動物の知識がなければいくらでも都合よく解釈できてしまう。
だからわたしもまゆには “動物”、さらには “犬” としての一生をまともに送ってもらえるよう、心理の観察・勉強をしつづけなくては、、と思います。






2020_07_30_IMG_1097.gif
<いつまでたってもトリミングを勉強しない飼い主から今年もザンギリにされた〜>

いや、いま 擬人化しないで心理の観察 って書いたばかりなんですけどね(笑)
お遊びの範疇ってことで(^ω^*)))

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuishinbo46.blog.fc2.com/tb.php/718-b6e64da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック