FC2ブログ

食いしん坊!ワンざい

◇犬のブログ◇

久々に山へ行って来ました。

梅雨 真っ只中というのにピーカンでラッキー♪
ウキウキ☆ワクワク と、いきたいところだけど
急きょの決行だったので下調べが足りず少々不安。

駐車場だけは、GWにキャンプしたときロケハン済みなので安心。
てか、駐車場がクリアだからこの山行に決めたようなもんです(^▽^;)


神ノ川から林道歩きスタート!

トンネルは暗いときのほうが怖くないです。
2019_06_RIMG6502.gif
4時台なのに明るくてトンネル内の暗さが引き立ち、
2つ目でちょっと躊躇してるの図(゚ー゚;)

肝試しは場が白けても参加拒否してきたのに、現在ダムやら峠やら山間トンネルやらにガンガン踏み込んでいることを、“あちら”の方々がどう思われているのか気になります……(^_^;)



2019_06_RIMG6504.gif
うっそうとした緑のなかにいきなり現れた立派過ぎる橋。

どーせどっかの官僚とゼネコンの金稼ぎでしょ
と、思いきや

2019_06_RIMG650701.gif
いろいろあったようです。

2019_06_RIMG6509.gif
この看板から、とんでもないルートが始まりました。

2019_06_RIMG6511.gif
ヤブを漕ぎに漕ぎ、雨露でビショビショ&泥だらけになって出たところは堤防のフチ。

2019_06_RIMG6514.gif
左を見ると、「コの字型」の突起階段が見えます。
そこから下のヤブに潜り、

2019_06_RIMG6518.gif
痛いヤブ漕ぎしたのち 下の堤防に出て、最初の渡渉(水渡り)。
そのまま、奥のヤブに突っ込みます。

2019_06_RIMG6521.gif
あちこち引っかき傷を作って最後は広河原に出ました。
このまま直進します。
昔は右手に河原へ下りないで済む山道があったのかな。
道っぽいのが見えるので何度か崖を這い登り、
違った、と這い降りる無駄なことを繰り返しました。

木の枝に片手で捕まって宙ぶらりんになることもあって危なかった(汗)

2019_06_RIMG6523.gif
いよいよ川脇の歩けるところもなくなったので右手の崖にあるロープをつたって登ってみたけれどそれらしい所が見つからない。。。

2019_06_RIMG6524.gif
長いことさまよってから落ち着いてGPSと地図を見ると、どうやら方向は対岸みたい。
梅雨どきということもあり水量がハンパないので
靴を脱いで裸足の渡渉となりました。

渡ったところが今回登る地蔵尾根の取付き。
やっと登山開始です。



2019_06_RIMG6535.gif
地蔵尾根は、
もはやクライミングでした。

いつもは「ダメならすぐに引き返そう」という気持ちで登ってますが、
“上級者でもここを下りで使うのはやめるべき”という忠告もあるほど
登山靴で下りるのは厳しい斜面なので、登れば登るほどビクビクものでした。
(最悪下らなきゃならなくなったら靴下で下りるつもりでした)

ネットの山行記録にヘルメット・ハーネス・ザイル装備の人たちがいたのが良くわかりました。
一度足を踏み外せば下までノンストップだし、
もし下に人がいたら、落石で2人ほど怪我させてたかもしれません。


尾根に出てからも何かをつかまねば登れない急登が続き、

2019_06_RIMG6540.gif
ヤブ漕ぎに横這いに、超スリリングな道が続きました。

2019_06_RIMG6539.gif
こんなわたしでも進めたのは
要所要所にあった道しるべのおかげ。
100%信用してはいけないものだけど、ピンクテープさまさま!


そんなこんなで
2019_06_RIMG6550.gif
丹沢主脈のルートに出たときは歓喜の声が出ちゃいました♪
地蔵尾根終点からここに出るまでも少し迷ったので喜び倍増です(*´ェ`*)

道標バッチリ主脈ルートのこの辺は、
2019_06_RIMG6552.gif
台風の影響などがちょっとありますが、

2019_06_RIMG6559.gif
めっちゃ気持ち良くて歩きやすい道が多いです♪

2019_06_RIMG6561.gif
前回歩いた時は曇ってたけど、今日は景色最高〜♪

2019_06_RIMG6564.gif
帰りに行く袖平山もバッチリ見えます

2019_06_RIMG6566.gif
見晴らし最高の姫次に到着♪

2019_06_RIMG6568.gif
蛭ヶ岳や

2019_06_RIMG6569.gif
富士山を眺めながら

2019_06_RIMG6576.gif
気持ちの良いご飯タイム。
逆光で見えてなかったので
汚い足の大幅な写り込み失礼(汗)

2019_06_RIMG6587.gif

食後、すこし寝ちゃおうかな〜と思ったら
蛭ヶ岳に荷を運ぶ歩荷(ボッカ)さんが休憩されたのでお話をしました。
以前、蛭ヶ岳山荘のご主人と酒盛りをした話をしたら、
山は楽しいけれど“酒豪あるじ”に潰されるのが一番キツい、と言ってました(笑)


いつまでもゴロゴロしていたかったけど
帰りの風巻尾根コース、スタート!

2019_06_RIMG6592.gif
袖平山。
気持ちよかったけど姫次でタップリ休憩したので進みます。

2019_06_RIMG6597.gif
下りはそこそこ急でキツいですが
行きに比べたら、もう何もかも楽しいです。

2019_06_RIMG6603.gif
風巻ノ頭には立派な休憩所があって、まるで森林公園。

2019_06_RIMG6600.gif
ここからさらに急斜面になります。

このルートは登りでは使いたくないや 笑


2019_06_RIMG6605.gif
ピンク、赤、紫、緑 エトセトラ
カナブンって なんでカラフルなんだろう?


やっとのことで下山し、
2019_06_RIMG6610.gif
ルートを外れて気持ちよさそうな河原まで下り、コーヒーと豆大福で休憩♪
ガッツリ昼寝もしちゃいました。


2019_06_RIMG6619.gif
今までで一番スリリングで楽しかったな〜♪
行きがワイルド過ぎて、屈指の急登といわれる風巻尾根の記憶があまりないのがもったいないです 笑

梅雨&夏も、いろんな山に行けたらいいな〜
あ、いろんな とか言ってますが、今回も丹沢でした!

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuishinbo46.blog.fc2.com/tb.php/655-b717eed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック