FC2ブログ

食いしん坊!ワンざい

◇犬のブログ◇

ぎゃー!!サボりまくってしまったー!!

さぁ〜
ズレズレで追っていきますよぉ

まずは、
うへ~!もう1ヶ月経っちゃったのか、
先月行ったセミナーのお話から。


犬の心理について詳しく教えてくれる講義なので
犬のことで悩んでなくても
犬好きという人にもおススメかと思います。


ますみさんは、犬に道具を使います。
一般的には
「道具」=「体罰」「虐待」
みたいに思われてるので
道具で犬を痛めつけるように思われるかもしれないけど、
とぉんでもない!

私は犬の問題行動で悩んでいたとき、
直接教わるトレーナーだけじゃなく
いろんな「犬」専門家を探して
セミナーにも行ったんですが、
(「犬と心で会話できる人がアメリカから来る!」
ってのも応募したことあります キャッ♪)

ますみさんの言ってることが
1番犬に優しい と思いましたよ。


なぜなら、
犬を 落ち着かせる から。

吠えたり噛んだり、自分でどうすることも
出来なくなっちゃってるときの犬って
犬自身もキツいはず。。。

気を反らしてあげたり、
歳取って物理的に動けなくなるまで待ってあげる愛情・優しさもあるけれど、
瞬時に落ち着かせてやる愛情のほうが
断然犬に優しいと、私は思ったんです。


それから、犬に自分で

考えさせる

という部分も注目です。

「NO(不正解)」って言われた犬が
「なら YES(正解)はなんじゃろな~?」
って、正解を自分で「考える」。

これを犬にさせることは

犬に優しい

を通り越して、

犬を尊重してる

と思いました。


おやつをあげる代わりに座ってもらったり
痛みで従わせたり
笑顔で抱きしめるだけじゃあ
できないことだなぁ。


私は今まで飼った犬が超食いしん坊で
食べ物を見る目がみんなギラギラと尋常じゃなく、
噛み付く犬もいたりで、小さい頃からあの目がとても健全には見えませんでした。

その心理を状況によって私も利用することがあるけれど

率直に
「YES」と「NO」のやり取りが出来て
一方通行じゃなく
犬自身も「“YES”って何だ?」と考える

これこそ、
異種の生き物を同じ土俵まで上げてやる
「優しさ」だと思うんです。

異種の生き物のレベルまで落ちて
「同情」「同調」してやるより
はるかに建設的ではないでしょか。


人それぞれ十人十色ですから
これが絶対なのだ!!
と、いうつもりじゃございませんからね。

ただ、もしね、
犬の問題行動で悩んでるひとが
たまたまこれを読んでくれたり、

プロの人から
「あなたの犬はもう直らない」
と言われてガックリきてたりするのなら、

わたしたち人が犬の心理で学ぶべきことは
躾け本には載ってないよ〜!
オビディエンス以外に教えることがあるよ〜!
だから、全然八方ふさがりなんかじゃないよ〜!
と、声を大にして言います。

長くなっちゃったけど
セミナーのご報告?ご紹介は
これにて終わり~!

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuishinbo46.blog.fc2.com/tb.php/191-eca43ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック