FC2ブログ

食いしん坊!ワンざい

◇犬のブログ◇

1泊2日で富士山に登って来ました♪

富士登山は常にテレビで見るような大渋滞だと思ってたので今まで登ったことがありませんでしたが、
“時期とルートさえ変えればあそこまでひどくないよ”
と、山で会う人たちが教えてくれたのでイソイソと計画しました(*^^*)

富士登山ルートは大きく分けて4つあります。
Fuji_Climbing_Map.gif
一番人気で混雑する吉田ルート(黄)、後半に吉田ルートと合流する須走ルート(赤)、この2つは外します。
超ロング山行の御殿場ルート(緑)も時間的に無理なので外すと、残ったのは頂上までの距離が最短の富士宮ルート(青)。ということで、富士宮に決定です(‘ ∇‘ )


休みに入ったばかりの旦那をこき使って富士宮駅まで送ってもらい、
6:35、シャトルバスで富士宮5合目へ出発。

2019_08_RIMG7379.gif
着いた5合目は、丹沢や奥多摩よりはるか上空の2,400mでした。

2019_08_RIMG7384.gif
高度順応のためレストハウスで1時間ほどゆっくり。

9:12
2019_08_RIMG7389.gif
スタート♪

2019_08_RIMG7391.gif
6合目(宝永山荘)まではのんびり20分ほどで着きました。

2019_08_RIMG7395.gif
ここからジグザグの山行です。

高山病が怖いので、牛歩のごとくゆっくりゆっくり歩きます。
足に少々痛みがあったけど登り出したら気にならなくなったので少し安心(*゚ー゚*)

2019_08_RIMG7396.gif
右手には富士山の中腹にポコっと出ている例のあれ(宝永山)が見えます。

2019_08_RIMG7398.gif
新7合目(御来光山荘)から見下ろしたところ

2019_08_RIMG7405.gif
道は軽石のような溶岩の砂礫です。
とても滑るので歩きにくくはあるけれど、キツさで言えば丹沢の半分もないかな。
なので、ガンガン歩きたくなるのだけどこのあたりから高山病でダウンする人続出(゚ロ゚;))(写真の人はただの休憩)
富士宮ルートは頂上まで最短ですが、急斜面でもあるので高山病リスクが高いです。
気持ち悪い〜と泣いてる人やひとりでうずくまってる人もいました。単独者には声をかけましたがみんな仲間に置いてけぼりくらってました。怖い〜(汗)
そんなわけで、牛歩のスピードをさらに遅くしました。

2019_08_RIMG7416.gif
元祖7合目(山口山荘)で休んでるとこ。
雲があるけど景色最高です♪
普段は山行中あまり休憩を取らないのですが、今回は1合目ごとに必ず10分休むようにしました。
それにしても、山の合目に「新」だの「元祖」だのって、老舗の店や家元みたいなことがここでも起こってるのね 笑

2019_08_RIMG7424.gif
次の目標8合目までの途中で、恐れていた高山病の気配が……?
頭痛は登山前から少々あったので判断しかねてたのだけど、気持ち悪さがほんのちょっとだけ出てきたような。
ずーっと深呼吸しながら歩いてるので、肺が疲れてきたのよ、と思いたい!

2019_08_RIMG7428_01.gif
ようやく8合目(池田館)に到着\(^o^)/
ここを一区切りにしていたので嬉しい〜♪

たっぷり休憩をとり、ここからちょっとイレギュラーになります。

2019_08_RIMG7439.gif
通常ルートはこちらですが、右に見えるトイレを挟み、

2019_08_RIMG7441.gif
トイレ右側の通行禁止看板を越えて進みます。

2019_08_RIMG7445.gif
トラバースをしばし歩いて御殿場ルートへ移動するのです。
この道は通行禁止ではないのだけど、池田館の方はあまり通ってほしくないようで、この道を尋ねても「そんな道はない」と言われるそうです。

2019_08_RIMG7447.gif
何の変化もありませんが(笑)御殿場ルートへ移動して登り続行です。
ちなみになぜ移動したかというと、富士宮は吉田に次いで人気のため、宿が混むのです。
だから一番人の少ない御殿場の宿に泊まるために移って来ました。

2019_08_RIMG7448.gif
見えてきたのは「赤岩八合館」

2019_08_RIMG7450.gif
本日の宿です\(*^▽^*)/着いた〜

2019_08_RIMG7455.gif
中はこんな感じ♪
細長い間取りで手前が食堂、真ん中が厨房、奥が玄関&混雑時の寝床です。
この日はぎっちり布団で埋まっていて、食堂も夜は布団が敷かれました。
左側はすべてベッド。

2019_08_RIMG7461.gif
柱と柱の間に4人寝る感じ。150人マックスです。

2019_08_RIMG7454.gif
早く着いたおかげか、下の段の一番端っこというとんでもなく素晴らしい寝床に案内されました。
このあと続々と人がやってくるのですが、ラッキーなことに隣がひとつ空いたままだったので、めっちゃ快適に過ごせました♪♪

さて、荷解きをして体調確認。
足:問題なし
頭痛:ちょっとある
気持ち悪さ:そんなことより猛烈に腹が減ってる

とりあえず大丈夫っぽい 笑
夕飯の17時まで2時間もあるのでビールを飲みたかったけど、酒は控えることにして持ってきたツマミだけ食べながらマッタリ過ごしました。

2019_08_RIMG7464.gif
「お食事の時間で〜す」
とともに飛びついた夕食。
おかわり自由なのでもちろん往復しました。
美味しかったな〜♪

2019_08_RIMG7465.gif
食後も1時間ほどマッタリ。
登ってくる人、下りてくる人、スタッフさん、お話しができてとても楽しかったです。

その後、布団で本を読んでるうちにウツラウツラして、気付けば食堂の盛り上がりも終盤の19時半。
団欒に加わる機会を完全に逃したー!
しょうがないからそのまま寝ちゃいました。

2019_08_RIMG7473.gif
宿のおかみさんによると、天気の良い日は普通にあるけどここまで無風の日は珍しい、とのことで、トイレに起きた夜中でも外に長居できるほど快適でした。
街の明かりは丹沢から見下ろすよりはるかに小さく、
星は近いというより“宇宙”でした。本当に美しかったです。

2時頃、ご来光を山頂で見るためにほとんどが出発していきました。

4:50
2019_08_RIMG7487.gif
丹沢 蛭ヶ岳の上から現れたご来光を宿泊者や夜から登ってきたひとたちと眺めます。

2019_08_RIMG7502.gif
5時、朝食も始まりと同時に食べました 笑
お腹が減ってるのと、すぐに出発しなきゃならないからです。

食後、支度をしながらおかみさんとお話しして、名残惜しいけど5:30には宿を出ました。

2019_08_RIMG7514.gif
30分ほど歩いたら、宿から見えなかった到着地点が見えました。

2019_08_RIMG7520.gif
アップ。
ひえー! 何回ジグザクするんだろ〜(^▽^;)

2019_08_RIMG7525.gif
数え切れないジグザグを2時間続け、

2019_08_RIMG7537.gif
頂上に到着〜♪(≧∇≦)

2019_08_RIMG7541.gif
そのまま火口を時計回りに進み富士山の一番高い所、剣ヶ峰を目指します。

2019_08_RIMG7543.gif
アップ。
なんだあの転げ落ちそうな斜面は 笑

2019_08_RIMG7550.gif
日本で一番高い所に到着!
記念撮影は大行列になるので予定はなかったのですが
ガラガラだったので撮れちゃいました☆

2019_08_RIMG7552.gif
火口にはほんの少し雪渓がありました。
ここからちょうど正面の吉田ルート口までグルっとまわるお鉢巡りをします。

2019_08_RIMG7561.gif
南アルプスが見える西側から

2019_08_RIMG7576.gif
東側へまわり、一番奥が奥多摩かな?
そして右にいよいよ丹沢が見えるぞー♪

ってところで

2019_08_RIMG7577.gif


2019_08_RIMG7578.gif
なにをーーーっ!!

休憩しながら雲が取れるのを待ったけど無理そうだったので下山することにしました。
丹沢を眺めながら下るのを楽しみにしてたのにな〜っ。
しゃーないか。下りのピーカンは日焼けが尋常ではないので薄曇りでよかったのかも(*´∇`*)

2019_08_RIMG7598.gif
吉田ルートで下山します。
吉田は登りと下りでルートが違うため、登りは続々と人が登ってきていましたがこちらはガラガラ☆

下山もスピードを出すと高山病になるので予定ではゆっくり歩きのつもりでしたが、余力が溜まりに溜まっていたので走るまではいかずとも滑り下りる速さで進んで行きました。
砂が衝撃を吸収してくれるのでとても楽しいです♪

ここにも高山病や足首・膝を痛めてダウンしてる人が何人もいました。
ひとりでいる人には、登りでは出せなかった(^▽^;)携帯酸素や固定用テープを差し出しました。

2019_08_RIMG7616.gif
7合目終盤ともなると、みんな足が生まれたての子鹿状態でブルブル震えてます。
そこへもって急斜面があらわれ、転ぶ人続出。最後の力を振り絞ります。

2019_08_RIMG7634.gif
6合目あたりから普段着の観光客が増えだし、
やっとのことでゴールの富士スバルライン5合目に到着!

やったー! \(≧∇≦)/

だいぶ飛ばしたので予定より3時間早く着きました。
着替えたりお土産屋さんをのぞいてゆっくりしようと思ったけど、なかなかの混雑具合とちょうどシャトルバスが来たのもあり、そのまま乗り込んで帰りました。

帰路、激しい雷雨にぶつかったけど、山行中は最高の天候だったおかげで体調も問題なく元気に帰ってこれました。
初めての富士登山、めちゃめちゃ楽しかったです♪

感謝、感謝でございます!

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット