FC2ブログ

食いしん坊!ワンざい

◇犬のブログ◇

最近、イライラモヤモヤしちゃってしょうがないです。

「お前のブログ 遊んでばっかりのくせにっ!!」
って、ツッコミが飛んで来そうですが、まぁまぁ それは置いといて(;^ω^)

“いっちょ自然に揉まれてくっか!”
と、鍋割山(1272 m)を登ることにしました。
今回は、「試練」が目的なので、雨予報でも決行〜('0')/

ところで鍋割山は、頂上で売ってる「鍋焼きうどん」が有名です♪

「それのどこが 試練 なんじゃい!」
と、またまた突っ込まれそうですが、

いえいえ、この山は「水ボランティア」というのがありまして(^-^)/
体力に余裕のある人が頂上の山小屋まで水を持っていくのです。
私は、どんなに苦しくても「大五郎(4リットル 中は水)を持っていく!」
と、決心しての登山でございます!

では、いざ出陣〜!

2017_11_DSC04127.gif
最初は、美しい沢に沿って林道を歩きました( '∇')
雨が降ってるけど、木が遮ってくれるので
ウィンドブレーカーでしのげます。

2017_11_DSC04133.gif
2時間近く続いた林道がやっとこさ終わり、
ここから山道、というところに、例の水が置いてありました。

もちろん私は大五郎(4リットル)を持って行くつもりだったけど、
どうもリュックへの収まりが悪く、右にあるめんつゆ(3リットル)のほうが
都合よく収まったので変更しちゃいました。
水はどれも少なめに入ってたから重さは大体同じっちゅーことで(笑)


2017_11_DSC04143.gif
杖も登場して、さぁ登るぞ〜!

2017_11_DSC04149.gif
栗ノ木洞との分岐地点。
今まで来た道に向けて「この先 徒歩地点あり」とあり、
徒歩で来たし、これからも徒歩なのに??
と、意味がわからなかったけど、
後で写真を見たら「徒歩」じゃなくて「徒渉」でした。

【としょう:徒歩で水を渡ること】
なるへそ。確かに、小さい沢をまたいだり
道そのものが沢になってるところがたくさんありました。


2017_11_DSC04154.gif
9;15頃、ガスった景色の先に山小屋らしきもの発見!
でも確か、山小屋って10時オープンだったよなぁ。
このまま行ったら、頂上で30分以上待たなきゃいけない(汗)
今は動いてるからいいけど、止まるとそこそこ寒いぞ。。。

じゃあ、カッパでも履こうかな。
上着は随分前にウィンドブレーカーからカッパに着替えてたけど、
パンツは靴の脱ぎ履きがめちゃくちゃ面倒なので我慢してたのです。

カッパのパンツも履いて準備万端! だったのに、
どうも山小屋は幻覚だったみたいで、頂上は1時間以上先でした(笑)
そんなときに限って雨が小降りになるよね〜(´ε`;)
雨で体が冷えないから、かなり汗をかいてしまいました(´▽`;)


2017_11_DSC04158.gif
キレイな色だったのでパチリ。
ヤマツツジ。 嘘!適当にそれっぽい名前を言ってみただけ(笑)
咲いた形すら知りません(^e^)

2017_11_DSC04162_01.gif
フモトから4時間かけて、やっとこさ頂上の山小屋が見えた感動の1枚!

2017_11_DSC04159.gif
これは途中で撮った写真だけど、
景色はほとんど見えませんでした。


さてさて、山小屋に着いたんだから
お楽しみの「鍋焼きうどん」をいただきましょうかね♪
こんな天気だから、きっと客は私ぐらいじゃないかな〜
と、思いきや、いろんな山から縦走してきた登山者でにぎわってました。
2017_11_DSC04163.gif
なので、あまり写真をパチパチやったらアレかな〜と思い
山小屋の中の、人のいないところを撮りました。

2017_11_DSC04166.gif
きたよきたよ〜♪「鍋焼きうどん」♪
とんでもない具沢山! 特大カボチャの天ぷらまで入ってる!
美味しくいただきました(*´ε` *)フゥフゥ
本当は外で食べたかったけど、
汗かいたインナーを着替える間も無く注文しちゃったから寒くって(´▽`;)
小屋も暖房なんてついてないけどね〜。

2017_11_DSC04167.gif
かなりの量だったけど、「どうせ残すんだろ」と舐められぬよう完食!
残した具や汁を捨てるのもゴミになるだろうから頑張った!

ちなみに山小屋の名物おいちゃんは、そんなに愛想良いわけじゃないから
そこんとこ予備知識入れておかないと、
頑張って水かついで来たのになんじゃそれ!ってなるかもよ(笑)
私は山に詳しい人から事前に色々聞いてたから驚かずに済んだわ♪

それから、荷物は雨でも全部外に置くのがお約束。
そのまま中に入ろうもんなら、おいちゃんに「荷物は外ーっ!」て言われるよ〜

最後にもうひとつ、ここもそうだったんだけど、バイオトイレの所は
使ったトイレットペーパーは自分で持ち帰らないといけないです。
なのに、
使用済み紙は置きっぱだわ、チップを払わないやつも多いわで、
おいちゃんがあんなギャーギャー言うのもわからんでもないかな。
私はおいちゃんに会いに、また来ようって思いました。
何も相手はしてくれないだろうけどね(笑)

2017_11_DSC04170.gif
山小屋に1時間滞在して外に出たら、さらにガスってる〜。
本当は、別のルートで帰ろうと思ってたけど
道迷いの多いルートなので、来た道を戻ることにしました。

2017_11_DSC04174.gif
途中、歩荷(ぼっか)さんたちとすれ違いました。
す、スゲー!!!
こんな荷物持ってるのに、爽やかな挨拶までしてくれて!
か、かっけー!!!

2017_11_DSC04205.gif
山道が終わり、またダラダラと続く林道を歩いてる時、
車で調査に来たらしい10人くらいのお役所団体とすれ違いました。

その中のひとりが、「この山は幽霊が出るんですよ」と言ってたんですよ。

やめて〜! でも私もね、最初から最後までちょいちょい、
誰もいないのに人の話し声が聞こえてたんですよね〜(/;゚ロ゚)/
男女の会話・大半を占めてた高めの女性の声・低めの女性の声……。
きっと、鳥や獣の声だとは思うけど、行きに聞かなくて良かったわ!!

2017_11_DSC04212.gif
おっぱいみたいなキノコ発見して、テンション上げながら歩きました(笑)


6:30出発〜15:15到着、
合計9時間近い登山でした〜。
でも半分以上が林道で、山道もそんなにキツくなかったので、
あ、キツくないと言っても「余裕」というわけじゃないですわよ。
ワタクシ、万年ゼーハーのヘタレ登山者ですのでヽ( ^^)ノ
でも「試練」というほどではなかったので、
次は大五郎2つで行ってみる? 間違いなく大泣きすると思います!!!

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット